バナースタンドの特徴

バナースタンドは、イベントなどをPRするためのツールで「移動式看板」という特徴があります。持ち運びやどんな場所でも汎用的な掲示がしやすいよう、タペストリータイプのものや折り畳みしやすいスタンド式の看板も存在します。POP広告として使えるため、キャッチーで魅力的な看板を作ることができます。

バナースタンドと横断幕の違いについて

移動式看板のバナースタンド

バナースタンドは、イベント会場や公の場などで目を引くために設置できる移動式看板です。壁に掛ける・地面に立てかけるといった汎用的な使い方が可能です。自立可能なスタンドもあり、持ち運びもコンパクトですので、用途に合わせた使い方ができます。

据え付けタイプの横断幕

横断幕は長い幕にメッセージなどを記載し、その場に据え付けることが一般的です。撤収可能な看板という位置づけをするとわかりやすいのではないしょうか。その時だけPRをしたい、その場限りの目印を作りたいなどという場合に役立ちます。

バナースタンドが人気となっているワケ

スタンドバナーは、利用者の用途や目的に沿って様々な形を作ることができるところが人気の理由となっています。野外・屋外それぞれに合った素材で作成することができますし、スタンドを1台そろえれば、季節に応じたバナーの交換ができるといったメリットがあります。

専門業者を探す時に重視するポイント

スタンド広告

取扱い種類が豊富

ひとえにバナースタンドといっても、たくさんの種類があります。その時々に応じた形状のバナースタンドが作れる専門業者を見つけると、長いお付き合いができることでしょう。

サイズも豊富であること

インタビューバックサイズの大判バナーや、イベント集客用のミニバナーまで、どんなサイズのバナースタンドも作れる専門業者に依頼すると、効率的にバナースタンドを設置でき、集客の多様性が広がります。

納期が短期間であること

イベントを急に行うことになったという場合、バナースタンドの設置が効果的です。発注から納品まで短期間で進めてもらえる専門業者があれば百人力です。遅くとも一週間以内の納期で作成してもらえるとありがたいですね。

バナースタンドを作成して集客を成功させよう【業者依頼が便利】

スタンド広告

バナースタンドの作成依頼で気をつけること

せっかくのバナースタンドですので、発注者のイメージ通りのスクリーンプリントができなければ意味がありません。そのため、原稿素材の入稿方法は気を付けるべきでしょう。入稿のためのテンプレートを提供している専門業者を利用することでイメージを丁寧に伝えることができます。また納期の確認も入念に行いましょう。バナースタンドは発注者側も余裕がない状況で依頼することが多いものです。そのため納期をきちんと提示してくれるか否かも調べておくとよいですね。

広告

バナースタンドを作成依頼するのにかかる費用と相場

バナースタンドを作成する際に、あらかじめ価格相場を知っておくと業者選びに役立ちます。簡易的なバナースタンド(スタンドにバナーをひっかけて使うタイプ)はバナー印刷とスタンドがセットで1万円程度が相場です。160cm×60cm程度の一般的なサイズでも6,000円程度でスタンドとバナースクリーンの両方が購入できますので便利です。もちろん、サイズが大きくなるものやスタンドの構造が複雑なものになると価格が高くなります。

アドバルーン広告業者をカンタン検索☆