HOME>オススメ情報>人目につく手提げ袋で十分な宣伝効果を得よう【作成は業者に依頼】

人目につく手提げ袋で十分な宣伝効果を得よう【作成は業者に依頼】

手提げ袋

手提げ袋で得られる宣伝効果とは

おしゃれな手提げ袋はそれだけで「どのブランドのショッピングバッグ」なのか目を引きます。購入者側は「無料で手に入れることができるブランドアイテム」となりますので、おしゃれなものであるほど普段使いをする傾向にあります。手提げ袋は単純に購入商品を入れるだけではなく、シグネチャーアイコンとしても十分に活用できる意味合いもありますので、拡散力も強いものとなります。

個人で作成する場合と業者に依頼する場合の違い

クオリティーに難が出てしまう個人製作

市販の袋にスタンプを押す・ハンドメイドで作る個人作成の手提げ袋はすべてが同じものにならないため、どうしてもクオリティーに難が出てしまいます。また、低予算で作れるメリットがありますが、枚数が作れないのが難点です。

短期間によいものが作れます

業者に手提げ袋制作を依頼すると、オフセット印刷などで大量生産がかないます。色合いも豊かにブランドをアピールすることができるので、魅力ある販促品として提供することがかないます。

優良な専門業者の特徴について

優良な専門業者は、サイズや使用インク数、納品数などを鑑みて事前に見積もりを出してくれます。それに納得できれば契約と発注を行います。また、納期に関しても事前に見通しを出し、発注の時点で納品日を確定させてくれるので、発注者側も助かることでしょう。

手提げ袋の作成を依頼する際の流れ

手提げ袋

オーダーする仕様を決め、見積もり依頼

手提げ袋をオーダーする際には、大きさ・素材・地色などを決め見積もりを依頼します。納品ロット数があらかじめ決められている商品もありますので、最小ロット数は必ず確認し、それに見合った見積もりをもらい受けましょう。

契約・データ入稿・入金

暫定納期や見積金額に納得できた場合契約を行います。先に入金とデータ入稿が完了した時点で制作に入ります。その時点で、最終納期が確定します。データ入稿後のイメージなども逐次連絡をくれる業者を利用すると打ち合わせもスムーズでしょう。

製造・検品・発送

業者は発注枚数に従って製造を始めます。検品などを経て完成。あとは発注依頼者のもとへ発送し到着すれば完了です。発注から納品までの時間は、最長でも1週間程度です。海外生産の商品になるともう少し納期がかかることもあるので、事前に問い合わせましょう。